無料・ワーホリビザ代行申請 ~資料請求受付中~ビザ申請無料説明会(ビデオ)&無料個別相談

2017年度のカナダワーキングホリデービザの定員は6,500人。
2016年12月1日からスタートし、既に5,000人近くの枠が埋まっています。

当協会では、ワーホリビザを取得できない事態を避けるためにも、
条件付きで無料にてビザの代行申請ができるサービスを提供しております(※)

まずは資料をご希望の方資料請求はこちら

カナダにワーホリで入国する際、パスポートとビザの引換証はもちろん、あと一つ必ず手荷物として持参していなければならないもの、ご存知ですか?

1年間の滞在をカバーしている海外旅行保険証書です。

よくあるケース▼

  • クレジットカードに付いている保険があるから大丈夫。もしくは、クレジットカードで補えない期間だけ数か月入れば大丈夫。
  • 1年間滞在する予定ないから保険は数か月分の保険でいいや。

とお考えではないですか?

これらの回答は全てNOです。
入国審査官によっては、その場で保険証書の提示を求められるケースもあります。

(※)

当協会では、カナダ専用の保険事業部を設けております。
ビザ申請とセットで保険の申し込みを行うと、ビザ申請の代行料は一切かかりません。

ワーホリビザ安心パック(ビザ代行申請+保険お申込み=ビザ代行料が無料)

海外旅行保険は、いずれ誰もがどこかの保険に入る事となります。当協会のカナダ保険事業部では、ジェイアイ傷害火災保険様と提携しており、ワーホリの方用の格安プランを用意しております。
現地のヘルプデスクスタッフ(日本人)は対応に慣れているので、何かあったとき非常に安心です。

まずは資料をご希望の方資料請求はこちら

One Point☆

年々、カナダは人気が高まってきている傾向があります。
今年は既に3分の2の枠が埋まっています。

このまま順調に進めばよいのですが、昨年度は突然2か月もの間、抽選がストップしてしまう事態が起きました。原因は未だに明記されておりません。今年もビザの申請のどこかのタイミングで、イレギュラーなケースが発生する可能性は充分あります。複雑なビザ申請はぜひ専門家をご利用下さい。ご相談のみも無料で行っております。安心してお問合せください。

ワーホリビザ申請に関するお問い合わせはこちらお問い合わせフォーム

資料請求

資料送付に関する必要事項を入力してください。印は必須入力項目です。

お名前
カタカナ
メールアドレス
渡航予定時期

保険資料郵送先ご住所

郵便番号
住所
電話番号
(DM便で送る際に必要です)
その他質問