ワーホリ安心パック(無料ワーホリビザ申請&保険パッケージ)無料個別相談

ワーキングホリデーの申請に対して、自分でできるか不安なので代行を頼みたいけど、代行会社に高い申請料は払いたくない・・

カナダのワーキングホリデー申請は、2016年より以下の手順で行われています。

カナダのワーキングホリデー申請は、全て英語でオンラインで申請するため、途中で間違った申請をしてビザが却下になる人が少なくありません。

ワーキングホリデーを自分で申請は不安、でも代行会社に高い費用は払いたくない。。。

そんなみなさまの声にお応えして、当協会が無料でビザ申請を行う「ワーホリ安心パック」をご用意いたしました!

そのしくみは以下の通りです。

手順

みなさまは、カナダWH協会のビザサポートチームよりお送りする質問に日本語で回答し、必要書類を東京のオフィスにご郵送いただくだけです。その後、当協会のビザサポートチームにて、難しい英語での申請を進めていきます。

1~5までの流れを簡単にご説明します。

当協会では、皆様からの書類がすべて揃いましたら、「1、Pool」と呼ばれる抽選箱に一人一人の情報を入れていきます。ある一定数の人数がPoolに集まると、カナダ政府側の方で「2、抽選」を行います。「3、当選」すると、当選しましたというお手紙が届きます。その後一番重要となる、「4、申請」をします。申請が無事通ると、ようやく「5、ビザ引換証」が発行される。という流れになっております。

全てが英語のやりとりとなりますが、経験豊富なスタッフが対応します。2014年から当協会でビザ申請をして、当選後にビザが取れなかった方はいません。全員取れています。安心してお任せください。

ビザ引換証が届きましたら、カナダ保険事業部より、海外旅行保険のご案内を開始させて頂きます。


<安心できる海外旅行保険とは>

ワーキングホリデーでカナダに渡航する際、滞在期間(1年間)をカバーする海外旅行保険に入ることが、ビザ取得条件のひとつとなっております。もし、きちんとした保険に入らずにカナダに入国した際、書類不備により、ビザが発給されなかったり、受け答えがしっかりしていないとそのまま強制帰国になることもあり得ます。

また、最近は医療の高度化に伴い、治療費がどんどん高騰しています。事実、当協会の関係会社が過去にサポートした生徒で、事故の治療費が1,000万円を超えた方が複数います。

カナダ保険事業部では、ワーキングホリデー渡航者の「治療費は高い方が安心だけど、、保険料を抑えたい」というリクエストを基に、治療費が無制限でありながら保険料を抑えた保険プランを用意しています。

このプランは、特別プランなので、一般のパンフレットには掲載されていません。当協会を通じて「ワーホリ安心パック」にお申し込みをいただいた方にのみ、郵送でご紹介させていただいております。

保険のお申込みが完了し、保険証の発行が済みましたら、ビザの引換証と保険証書を郵送させて頂きます。皆様は、ビザ引換証と保険証書を手荷物でお持ちいただき、カナダまで渡航してください。



お問合せ、お申込みはこちら