カナダワーホリの概要と申請方法(ビデオ説明付)無料個別相談

2017年度カナダ ワーキングホリデービザの概要と申請手順ビデオ解説付き

ビデオは準備中につき今しばらくお待ち下さい。近日中公開予定です。

ご準備いただくもの、環境

  • PC(PCをお持ちでない方はこちら
  •  
  • スキャンができる環境
  •  
  • 英語文章の読解

2017年度ワーキングホリデー申請について

  • 【注意】ワーキングホリデーの審査は、年々厳しくなってきており、自分で申請してもビザが取れない方が増えています。
  • 2016年度から、「抽選」という新しい制度が導入されました。
  • 2014年度から、「英語でのオンライン申請」に変更となっています。
  • ビザ申請ルールは、毎年変更されます。また、年の途中でも申請方法が急に改定となる場合があります。
  • 許可証は、発行から一年間有効ですので、それまでにカナダに入国して下さい。許可証が届くと、年度に関わらずその日から出発する事も可能です。
  • 許可が発行された時期に関係なく、入国した日から一年間の滞在許可が下ります。(ただしパスポートが一年以上有効である事)
  • 申請の時点で日本に居なくても、申請が出来ます。
  • 申請の時点で、18~30歳である事が必要です。
  • 一度許可が下りると、キャンセルや再申請が出来ません。
  • カナダ大使館のページには、ワーキングホリデービザ申請に関する日本語での説明はありません。(すべて英語)
  • 当協会にて有料でビザの代行を行います。諸条件により代行料金が無料になるキャンペーンを行っております。詳しくはお問い合わせください。
    (お問い合わせ)

申請の条件

以下の条件を満たしている方のみ、申請が可能です。

  1. 日本の国籍を有する
  2. 年齢が、申請書受理時点で、18歳以上30歳以下である (出発時の年齢ではありません)
  3. 以前にこのプログラムを申請し、ワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない
  4. 日本―カナダの往復チケットと、最低2,500カナダドル相当の資金を有している *
  5. 滞在期間中の障害、疾病をカバーする医療保険に加入すること (カナダに入国する際、医療保険の加入を証明するものを提示するよう、求められる場合があります)
  6. 226カナダドルのプログラム参加費とビザ申請料の支払いができること
  7. カナダ国内で仕事がまだ内定していないこと

ご自身でビザ申請サポートされる方へビデオ解説

Coming Soon!(現在準備中です。今しばらくお待ちください。近日中公開予定です。)

申請の流れ

ステップ1:MyCICアカウントの作成

- 申請に必要なオンラインのアカウントを作ります。手続きは全てこのMyCIC上で行います。

ステップ2:IEC申請

- ワーキングホリデーの申請枠に登録をします。ここでは、申請書類のアップロードと申請料の支払いはありません。

ステップ3:ITA(Invitation to Apply)受領

- 移民局指定の期間内に抽選が行われ、選ばれるとITAが届きます。ITAが届いてから10日以内に進めるかどうかの判断をします。

ステップ4:Work Permitの申請

- 招待に対して「YES」を選択してから20日以内にWork Permit申請を行います。ここで申請書類のアップロードと申請料の支払いがあります。

ステップ5:ワーキングホリデー許可証受領

- ワーキングホリデー許可証は、MyCICアカウントにログインして入手します。

ステップ6:カナダへの入国 ~ Work Permitの発給

- ワーキングホリデー許可証は、発行から1年間有効です。許可証の発効日から1年以内にカナダに入国してください。

カナダワーキングホリデー協会では代行申請も行っております

ご自身での申請が難しい方(環境を整えられない、あまり時間が無い、ご面倒などの理由から)は有料にて代行サービスを行っております。お気兼ねなくお問い合わせください。(お問い合わせ