第五回目となりました!

ワーホリビザの真実、最終回です。

 

今回はワーホリのビザ引換証を持っていても、観光ビザで入国することができるか!?

というお話です。

 

どんな人が該当するかというと・・・

・ワーホリビザはおりたけれど、

学校6か月→お仕事1年間

のスケジュールにしたいから、学校の期間は観光ビザを使いたい!

・もしくはその予定で、Pool登録をしていたのに、

直前で抽選に受かってしまった!

このまま申請を進めた方がいいのか?

それとも申請を進む決断を10日間ギリギリ、申請も20日間ギリギリまで

待ってその間に渡航をしてもいいのか?

という方ですね。

 

これは「分かりません!」

 

とグレーな回答をしてしまいましたが・・・。

 

まずワーホリビザがおりた時点で、ビザ情報はパスポート情報に紐づきます

その為移民局の審査官はあなたがワーキングホリデービザの引換証を持っていることを

調べればすぐに分かる状態のはずなんです。

 

ただ!審査官も人間ですから、

見逃してそのまま入国スタンプを押され

(入国スタンプを押されることは観光で入国することを意味します)

観光ビザとして入国できたケースもあります

 

これは「審査官のミスを祈る」ものでしかないので、

あまりオススメできる方法ではありませんね。

 

第5回に渡ってお伝えしたビザの真実、次回はカナダでのお仕事のお話について

触れていきたいと思います!お楽しみに♪

 

<カナダワーホリ 説明会>

http://canadaworkingholiday.or.jp/event-seminar

 

<お問い合わせ>

http://canadaworkingholiday.or.jp/contact