こんにちは

カナダワーキングホリデー協会の増田です。

 

 

 

Q 絶対に保険に入っておくべきなのか?

A YES

 

 

もし、海外で診察や治療を受けることになった場合は、

保険に入っていないと全て自費で負担することになります。

風邪をひいて薬を処方してもらうという診察だけでも、

想像以上の金額を覚悟する必要があります。

 

カナダの医療はみなさんが考える以上に高額です。

 

そして留学中に起きるのは健康面の事だけではありません。

カメラやスマホなどの携行品が破損・盗難にあう可能性もあります。

 

友達の貴重品を破損してしまうこともないとは言い切れません。

 

そんな時に、海外旅行保険に入っていれば

保険会社が補償してくれるので、安心して過ごすことができますよね。

 

そもそも大前提として、ワーホリで行く場合は、

海外旅行保険の保険証を持参していることが義務付けられています。

 

これは政府から公式に発表されていますので、

今後の国際情勢によってますます厳しくなることも考えられます。

 

審査官によっては、入国審査で保険証書の提示を求められる事もありますので、

忘れずに行いましょう。

 

 

 

Q どの保険会社も同じようなものに思えるけど・・・

A 契約者に対して、どのようなサポートを行っているかをチェックしましょう。

 

例えば・・・

★現地で何かあった時、日本語で相談に応じてくれるか

★「現金不要」のキャッシュレス対応をしてくれるか

★24時間対応の日本語での緊急コールサービスがあるか

★治療費に上限があるか

(上限を超えた場合、残りは借金をしてでも完済する義務を背負います)

 

 

 

留学は何かと出費ばかりで、保険は少しでも安いものを・・・

というお気持ちは分かります。

 

安い保険を見つけた場合、我先にと飛びつく前に、

上記の様なサービス・補償は完備されているのか、確認してください。

 

留学は海外旅行と違って滞在が長くなります。

日本で待つご家族とも相談し、慎重に決めてください。

 

 

ワーホリビザに関するお問合せはこちらから▼

お問合せフォーム

 

資料請求はこちら

 

ビザ代行無料、ワーホリ安心パックとは

 

 

Aya