こんにちは、

カナダワーキングホリデー協会の増田です。

 

 

 

お腹が急に痛くなってきた・・さっき食べたものがあたったのかな。

 

 

学校でのアクティビティ中、友達やホームステイの家族と外出中、

転んでケガをしてしまった。

 

 

日本ではなかった生理不順・・

 

 

 

慣れない土地で、このような状態になったらどうしますか?

 

 

 

 

カナダでは、体調が悪くなったり、ケガをしたら、総合病院ではなく、

まずは最寄の小さな病院(ファミリードクター)で診察します。

 

 

専門医の治療が必要と判断された場合に、紹介状を書いてもらい、

総合病院へ行く。という流れになります。

 

バンクーバーやトロントなどの、

大きな都市の病院には、日本語が話せるドクターや

通訳の方がいるので、英語がしゃべれなくても大丈夫です☺

 

まず、電話で診察の予約をして(病院によってはネット予約可能)、

海外旅行保険証、(※英文の保険証、パスポート)を持って

病院に行きます。(※)念のため持っておくと安心です!

 

 

受付の人に予約の旨を伝えて、問診票と保険証書の

必要事項を記入するだけです。

 

あとは、お医者さんに診てもらい、薬をもらっておしまいです。

 

このように、キャッシュレス対応(お金を一切払わない)で診察ができる

病院は、自分であとから保険会社に請求する作業もないので

とっても楽です。

 

 

 

 

ちなみに、私はカナダに滞在してまもなく、水が肌に合わなかったのか、

首から背中にかけて湿疹のようなブツブツができてしまい、

寝てもさめてもとにかく痒い!という状態になったことがあります。

 

その時お世話になったのが、

メインランドクリニック バンクーバー です。

 

私が入っていた保険は、キャッスレス対応をしてくれる提携病院だったので、

診察が終わって待合室で待っていたら、薬剤師さんが薬を持ってきてくれました。

そこで薬を受け取って終了です

 

 

 

 

病気やケガのほかに、よくあるケースとしては、

パソコンを壊した、カメラを落としてしまった、

空港で引き取ったスーツケースが壊れていた・・などです。

 

こういった事もしっかりした保険に入っていれば、

補償の対象になりますよ。

 

 

カナダに滞在中、楽しいことばかりではありません。

慣れない環境の中、身体が悲鳴をあげることだってきっとあります。

 

さらにカナダでは、大きなケガや病気をした時、

人命救助が優先されるので、治療が途中でストップすることは

基本的にありません。

 

ということは、完治して元気になったら

莫大な保険の請求がきた・・。ということになりかねないのです。

 

特にもうすぐ渡航を控えている方、

保険は命にもかかわる大事な事です。

ご家族とも相談なさってみてください☺

 

 

それではまた

 

Aya