こんにちは、

カナダワーキングホリデー協会の増田です。

 

日頃よく頂く質問を一部ご紹介します。

 

Q 30歳でも問題ないですか?

A 31歳の誕生日を迎える前までに、当選すれば問題ありません。

当選後に本申請をします。その申請中に31歳になる場合は、却下される可能性があります。

政府のサイトには、ビザ申請のどのタイミングで31歳になるとダメですよ。

とはっきり書いていません。

2017年、31歳を迎える方は、少しでも早めに登録をしておいた方が安心です。

ちなみに、ビザ引換証が出てから1年間の有効期限があるので、

32歳で出発する方もいますよ。

 

 

Q カナダワーホリ申請と同時に、他の国のワーホリ申請もできますか?

A 可能です。他国に対するビザの申請状況は追跡しない

と言われています。ただ国によって申請からビザ取得までかかる期間が異なるので、

その国の申請要項を調べたうえで、しっかり計画を立てて実行してください。

 

 

 

Q 抽選を待っているのですが、何も連絡が来ません。自分は落選したのでしょうか・・?

A 当選者のみに連絡が来て、落選者には何も来ません。

カナダ政府は、抽選箱に、ある程度人数が溜まったらそこから無作為に抽選をしていきます。

もしその回で自分が選ばれなかったら、次の抽選まで抽選箱に入ったままになります。

定員に達するか、達しないかギリギリのタイミングで抽選箱に入れる場合は要注意です。

今年は進みが早いので、夏頃に定員に達する可能性もあります。

計画はお早めに。

 

Q ビザ申請の”サポート” と” 代行” の違いは?

A 「サポート」はあくまでお手伝いです。” ビザ申請をサポートします” は要注意。

作業マニュアルを一式渡され、実際に申請を進めるのは自分自身になります。

 

ご自身で申請した場合、

毎年、カナダ政府からメールが届いたのをビザが取れたと勘違いし、

渡航してしまう方がいます。その場合はもちろんワーホリで入国できません。

そのままとんぼ返りせざるを得ないか、

もしくは事情を説明して、審査官に納得してもらえれば、

観光(ビザ)で一旦入る方法を取れます。

 

 

「代行」は、代行者があなたに代わって申請をします。

 

当協会は、代行の事業を行っておりますので、

カナダ政府とのやり取りも全てこちらで行います。

ご自身で申請を進め、途中から分からなくなってしまった場合も引継ぎしております。

 

これから始める方、途中まで進めた方、どなた様もご相談ください。

状況に合わせてご案内させて頂きます。

 

Q カナダワーキングホリデー協会に代行をお願いするのに必要な書類とは?

A パスポートコピー、証明写真、クレジットカード(ビザ申請料226ドルを払う為)

が必要です。あとは、こちらからお送りする質問シート(日本語)に答えていただきます。

 

 

Q 円高 円安ってなんですか?

普通、1ドル100円と考えるので、これを基準に説明します▼

 

円高・・・1ドル90円になる事

1ドルのペンを買うのに、普段なら100円払わなきゃいけないのに、90円で買える。

これって10円得しますよね?これは「円の価値が高くなっている」のです。

 

円の価値が高い=円高です。

 

円安・・・1ドル110円になる事

1ドルのペンを買うのに、普段なら100円で買えるのに、110円払わなきゃいけない。

これって10円損してますよね?これは「円の価値が低くなっている」のです。

 

円の価値が低い=円安です。

 

 

 

Q 円高や円安については何となく分かりました。では今行くのっていいんですか?

A 今は円高の傾向にあります。ワーホリや留学生にとって良い時期です。

本日のレート、1ドル86.7円を軸にお話しします▼

 

~買い物編~

カナダで100ドルの服を日本のクレジットカードで支払った場合。

・1ドル100円の時は、10,000円の請求が来ます。

・1ドル86.7円の今日は、8600円しか請求が来ません♫

 

~学校編~

語学学校に通う場合、先に学費を支払いますよね?

語学学校は1か月1500ドル程度が相場です。

・1ドル100円の時は、15万円支払います。

・今1ドル86.7円の今日は、13万円程度で済みます。

 

大きなお金はさらにお得感が増しますね。

 

いかがでしょうか。

 

トランプ大統領就任によって、円高になるとか円安になるとか

騒いでますが、今のところすごく大きな動きはありませんね。

 

—————————–

 

・途中まで進めている方は、申請できているかどうか、

お調べできます。これに料金は一切かかりませんので

ご安心ください。

 

 

カナダワーキングホリデー協会のビザ代行はなぜ無料なのか。

ホームページの情報を分かりやすくご説明いたします。

お気軽にお問合せフォームからご連絡ください。

 

その他のご質問もお問合せフォームからどうぞ。

 

皆様からのご連絡をお待ちしております。

 

では、また次回。